HOME>記事一覧>持ち家は土地付き一戸建て住宅だけじゃない

一戸建てにも種類がある

国内でも東京都内の地価は高く、西東京市で一軒家を購入する場合でもそれなりの資金が必要になります。ただし借地権付きの一戸建て住宅なら、通常より大幅に安い値段が付いているかもしれません。この種類の不動産は家屋こそ自分の所有物ですが、土地は自分の物ではなく、賃料を払って地主から借りるスタイルです。本来、他人の土地に家屋を勝手に建築できませんが、借地契約を交わして自由にマイホームを建てられるようにしたのが、この不動産になります。土地を購入しないので初期費用が安いのはもちろん、土地の固定資産税も地主へ請求されるのが特徴です。

区分所有物件の特徴

土地の所有を伴わない持ち家には、区分所有権の不動産もあり、これは規定部分を自らの所有物として登記するのが特徴です。分譲マンションはその代表的な物件ですが、条件を満たせば一軒家でも登記できるようになっています。その条件とは各区分が構造的に独立しており、家屋を利用する際にも独立性が保たれていることなどです。例えば完全分離型の二世帯住宅も建て方次第ではこれに該当し、西東京市でも親子で個別に所有権を登記できます。しかし区分登記された二世帯住宅では同居と判断されないため、相続時に特例を受けられないのが特徴です。

広告募集中